[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「66フィートだぞ!」 世界1位撃破の“20m超ミラクルVパット”に米メディアも衝撃

米男子プロゴルフのプレーオフ・シリーズ第2戦、BMW選手権の最終日は30日(日本時間31日)、世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)が「64」で回り、同1位のダスティン・ジョンソン(米国)と通算4アンダーで並び、プレーオフに突入。1ホール目で66フィート(約20.1メートル)のバーディーパットを沈め、劇的Vを飾った。世界1、2位のプレーオフを制したミラクルパットの瞬間をPGAツアーが動画付きで公開。ファンを騒然とさせていたが、米メディアも「なんて結末だ」「こんなの信じられる?」と驚きとともに報じている。

プレーオフの末に優勝したジョン・ラーム【写真:AP】
プレーオフの末に優勝したジョン・ラーム【写真:AP】

松山も奮闘したBMV選手権、世界2位ラームがプレーオフで劇的決着

 米男子プロゴルフのプレーオフ・シリーズ第2戦、BMW選手権の最終日は30日(日本時間31日)、世界ランク2位のジョン・ラーム(スペイン)が「64」で回り、同1位のダスティン・ジョンソン(米国)と通算4アンダーで並び、プレーオフに突入。1ホール目で66フィート(約20.1メートル)のバーディーパットを沈め、劇的Vを飾った。世界1、2位のプレーオフを制したミラクルパットの瞬間をPGAツアーが動画付きで公開。ファンを騒然とさせていたが、米メディアも「なんて結末だ」「こんなの信じられる?」と驚きとともに報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 世界ランク1、2位の激突となったプレーオフ。そのクライマックスはラームのミラクルパットだった。491ヤードに設定された1ホール目の18番パー4。ラームは第2打でグリーンに乗せたものの、約20メートルの距離を残した。しかも大きくスライスする難しいライン。しかし、だ。慎重にパターを振ると、ボールは大きく右に曲がりながら、徐々にカップに近づき、完全にラインに乗った。

 まさか――。そんな期待が高まる中、ボールはカップに消えた。一気に沸き立つコース上。打ったラーム自身も信じられないとばかりに雄たけびを上げ、右拳でガッツポーズを繰り出した。優勝を決めたミラクルパットをPGAツアー公式ツイッターは「優勝への66フィート!プレーオフでBMW選手権を手にするジョン・ラームの信じられないパット」と紹介し、動画付きで公開した。

 打ってからカップに入るまで、およそ10秒。米ファンからは「衝撃的」「正気じゃない」などと驚きの声が上がっていたが、AP通信が「ジョン・ラームがBMWで最大のパットを沈め、スリルに満ちたプレーオフを勝利する」と見出しを打って記事を掲載したほか、米メディアは続々とラームの勝利を報道している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集