[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳ザギトワは「最大のサプライズ」 ISUが鮮烈Vデビューのスター候補生に脚光

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯は10日に開幕する。GPファイナル出場権を懸けた戦いは後半戦に突入するが、国際スケート連盟(ISU)は公式サイトで過去3試合を総括し、「最大のサプライズはアリーナ・ザギトワ」と15歳の若きスター候補生を称賛している。

GPシリーズも後半戦に突入 女子は樋口、ラジオノワがポイントで上位も…

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯は10日に開幕する。GPファイナル出場権を懸けた戦いは後半戦に突入するが、国際スケート連盟(ISU)は公式サイトで過去3試合を総括し、「最大のサプライズはアリーナ・ザギトワ」と15歳の若きスター候補生を称賛している。

 GPシリーズも6試合のうち半分を消化。女子では、第1戦のロステレコム杯で女王メドベージェワがフリーでジャンプ転倒がありながらも、2位に15点差以上をつける圧倒的な内容で優勝。続くスケートカナダはケイトリン・オズモンド(カナダ)、第3戦の中国杯はザギトワ(ロシア)が制した。

 ISUは後半戦初戦を迎えるにあたり、公式サイトで「ISUグランプリシリーズの半ばを過ぎて」との見出しで前半戦の総括を行った。上位6人のみが出場を許されるGPファイナルへのポイント争いは現在、ロステレコム杯で3位、中国杯で2位に入った樋口新葉(日本橋女学館高)が24ポイントでトップ。同じく2試合を戦い終えたエレーナ・ラジオノワ(ロシア)が20ポイントで2位、そしてここまでの3大会の優勝者であるメドベージェワ、ザギトワ、オズモンドが15ポイントで続く。

しかし、3位タイの3選手はNHK杯に出場するメドベージェワをはじめ、消化試合が1試合少ない。樋口やラジオノワもGPファイナルへの切符は確約されておらず、記事では「女子の順位表はワカバ・ヒグチとエレーナ・ラジオノワが上位だが、ファイナルまで進むことは難しいかもしれない。彼女らは2人とも2大会を終え、下位の選手が転落するのを待つことになる」と周囲の結果次第であることに触れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集