[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュは「サイ・ヤング賞最有力」と米記者大合唱 日本人初の快挙へ評価一致

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、本拠地のホワイトソックス戦に先発し、7回を投げて6安打10奪三振1四球1失点の快投でメジャートップに並ぶ5勝目を挙げた。また圧巻の投球で自身5連勝を達成したダルビッシュに、米記者からは「サイ・ヤング賞の最有力だ」と合唱が起きている。

日本人初のサイ・ヤング賞受賞に期待が高まる【写真:AP】
日本人初のサイ・ヤング賞受賞に期待が高まる【写真:AP】

7回10K1失点、リーグトップ5勝目に米記者は賛辞連発

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は23日(日本時間24日)、本拠地のホワイトソックス戦に先発し、7回を投げて6安打10奪三振1四球1失点の快投でメジャートップに並ぶ5勝目を挙げた。また圧巻の投球で自身5連勝を達成したダルビッシュに、米記者からは「サイ・ヤング賞の最有力だ」と合唱が起きている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 球威もキレも申し分なかった。この日最速は、0-1の5回、2死二、三塁のピンチ。2番モンカダに対する、フルカウントからの6球目だ。左打者の内角から真ん中付近まで急激に変化する、98.3マイル(約158.2キロ)のツーシーム。渾身の1球でモンカダをスイングアウトに仕留めると、ダルビッシュは髪を振り乱して雄叫び。会心のガッツポーズも繰り出していた。

 これで今季は初登板だった7月25日のブルワーズ戦こそ黒星を喫したが、2戦目の同31日のパイレーツ戦以降、5連勝。全試合でクオリティースタート(QS)を達成している。今やメジャー屈指の安定感を誇るダルビッシュには、現地記者もツイッター上で続々と賛辞を並べている。

 MLBネットワークのジョン・モロシ記者は「ユウ・ダルビッシュははっきりと、ナ・リーグのサイ・ヤング賞レースの先頭を走っていると言える。今日は7イニングで10奪三振を記録し、カブスに勝利をもたらした」と称えた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集