[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松坂、島袋、斎藤… かつての甲子園V投手たちの“その後”の歩みは?

ソフトバンクは5日、松坂大輔投手と島袋洋奨投手と来季契約を結ばないことを通告したと発表した。両者ともに共通するのが、甲子園優勝投手であること。横浜・松坂は98年に伝説の決勝ノーヒッター、興南・島袋は10年に史上6校目の春夏連覇を達成。高校球界を代表するスター投手だった。そんな2人が奇しくも同日に戦力外となったが、近年の甲子園優勝投手たちの“その後”はどんな歩みだったのか。

ともに甲子園で優勝…近年の甲子園V投手はドラ1入団、ノンプロなどそれぞれ

 ソフトバンクは5日、松坂大輔投手と島袋洋奨投手と来季契約を結ばないことを通告したと発表した。両者ともに共通するのが、甲子園優勝投手であること。横浜・松坂は98年に伝説の決勝ノーヒッター、興南・島袋は10年に史上6校目の春夏連覇を達成。高校球界を代表するスター投手だった。そんな2人が奇しくも同日に戦力外となったが、近年の甲子園優勝投手たちの“その後”はどんな歩みだったのか。

 背番号1をつけていた選手に限らず、大会を先発として主戦格で投げ抜いた投手を主に見ていく。当然多くのプロ入り選手がいるが、横浜・松坂の98年以降、ドラフト1位選手も多く生まれている。

 99年の桐生第一・正田樹は日本ハムなどでNPB通算25勝。06年に駒大苫小牧・田中将大(現ヤンキース)と決勝再試合で投げ合った早実・斎藤佑樹は早大を経て、4球団競合で日本ハムに入団した。

 12年に春夏連覇を達成した大阪桐蔭・藤浪晋太郎は阪神、13年の前橋育英・高橋光成は西武と2年連続でドラ1が誕生。15年の東海大相模・小笠原慎之介は中日、16年の作新学院・今井達也は西武で、こちらも2年連続で栄えある1位指名を獲得し、将来のエースを目指している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集