[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トゥクタミシェワの幼少期 “スケート漬け”の日々が作った「クールな時間」とは

フィギュアスケートのエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。2014年グランプリ(GP)ファイナルと15年世界選手権を制している23歳は、幼少期を競技に捧げたことで「普通の子供よりずっとクールな時間を過ごしたと思う」と語っている。ロシアメディアが報じている。

エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

元世界女王が幼少期を回顧「私も困難なことに直面したが…」

 フィギュアスケートのエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。2014年グランプリ(GP)ファイナルと15年世界選手権を制している23歳は、幼少期を競技に捧げたことで「普通の子供よりずっとクールな時間を過ごしたと思う」と語っている。ロシアメディアが報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 トゥクタミシェワの言葉を伝えているのは、ロシア放送局「ロシアトゥデー」だった。記事で「トゥクタミシェワはアスリートが子供時代を犠牲にして、競技で高い結果を残すという行為に同意したが、子供時代にフィギュアスケートに人生を捧げたことで、彼女は、大きなチャンスと世界での発見を得たと付け加えた」と伝えている。

 トゥクタミシェワは同メディアに対し、「エリート教育を受けたどのアスリートも辛さを経験しています。しかし、私は何かを強制されているという人間ではありませんでした」と語り、自身の幼少期について続けてこう話したという。

「私も子供のころに困難なことに直面しましたが、フィギュアスケートは私の未来であることを分かっていたので頑張れました。私の母は決してフィギュアスケートを強制してくることはありませんでした。『もしスケートをすることが嫌になったら辞めていいのよ。普通の子になっていいのよ』と母は私に言ってくれました」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集