[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日系3世右腕ヤマモトの“急変化カット” 鋭く逃げる1球に米反響「すげええええ」

米大リーグ・マーリンズの日系3世右腕、ジョーダン・ヤマモト投手のキレのある変化球に米名物セレブが注目している。17日(日本時間18日)のメッツ戦に先発。2回途中3失点だったものの、鋭く曲がる変化球の動画がSNSで公開されると、米ファンからは「カットボールなのか?」「スラッターじゃないか?」などと反響が寄せられている。

ジョーダン・ヤマモト【写真:AP】
ジョーダン・ヤマモト【写真:AP】

米名物セレブがヤマモトの変化球に注目「エグい88マイル」

 米大リーグ・マーリンズの日系3世右腕、ジョーダン・ヤマモト投手のキレのある変化球に米名物セレブが注目している。17日(日本時間18日)のメッツ戦に先発。2回途中3失点だったものの、鋭く曲がる変化球の動画がSNSで公開されると、米ファンからは「カットボールなのか?」「スラッターじゃないか?」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 速く、鋭く曲がる変化球だ。足を大きく上げたヤマモトが投じたのは、88マイル(約142キロ)の変化球。捕手の構えとは逆球だったものの、ホームベース手前で急変化した。右打者の外角へ沈みながらも逃げる1球に、打者のバットは空を切り、捕手も何とかミットにおさめた。

 この投球を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。「ジョーダン・ヤマモトのエグい88マイルのカットボール」と文面につづって投稿している。

 フリードマン氏の投稿に対し、米ファンからは「最後に外角に鋭く落ちる。ナイスだね」「なんという投球だ!」「すげえええええ」「カットボールなのか?」「多分スラッターじゃないか?」「ヤマモトをルーキーの時から追えることができて最高だ」「打者は信じられない様子だ」などとコメントが寄せられていた。

 米・ハワイ州出身のヤマモトは、日本人の祖父を持つ日系3世。14年のドラフトでブルワーズに指名され、昨年マーリンズでメジャーデビュー。15試合に登板して4勝5敗、防御率4.46の成績を残していた。今季は3試合に登板してまだ勝ち星がないが、24歳の今後に注目したい。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集