[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜、らしさ復活 キスクラ行動に米注目「巨大ピカチュウの背後に隠れる」

米メディアは出場11人で唯一、演技直後に速報「スケートカナダから14点も改善」

 米スケート専門メディア「icenetwork」は出場11人中で唯一、本田を演技直後に公式ツイッターで速報し、ピカチュウの存在に注目した。

「巨大なピカチュウの背後に隠れる」と膝の上に置いた16歳らしい様子を画像付きで掲載し、「マリン・ホンダが得たスコアは──66.90。スケートカナダから14点も改善されたことを表す数値だ」と10位に終わった前週の第2戦カナダ大会から立て直したことを伝えている。

 SPを終えて6位。首位は70.65点でガブリエル・デールマン(カナダ)が立った。しかし、本田と同得点で7位の三原舞依(シスメックス)まで3.75点差の大接戦。樋口新葉(日本橋女学館高)は2位で本田を含め、フリー次第で表彰台も十分に狙える。

 2枠しかない平昌五輪の権利獲りへ“前哨戦”ともいうべき直接対決。果たして、どんな結末を迎えるのか。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集