[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 本田真凜、らしさ復活 キスクラ行動に米注目「巨大ピカチュウの背後に隠れる」

本田真凜、らしさ復活 キスクラ行動に米注目「巨大ピカチュウの背後に隠れる」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は3日、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)が66.90点をマークし、首位と3.75点差の6位につけた。ノーミスに笑顔を見せた演技後、投げ込まれた巨大ピカチュウをフラワーガールから自ら受け取って抱き、キス&クライに登場。SP10位だったカナダ大会から立て直した16歳の行動に、海外メディアは「ホンダが巨大なピカチュウの背後に隠れる」と写真付きで紹介している。

GPシリーズ第3戦・中国杯SP、3.75点差の6位…投げ込まれたピカチュウを自ら受け取る

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦・中国杯は3日、女子ショートプログラム(SP)で本田真凜(関大高)が66.90点をマークし、首位と3.75点差の6位につけた。ノーミスに笑顔を見せた演技後、投げ込まれた巨大ピカチュウをフラワーガールから自ら受け取って抱き、キス&クライに登場。SP10位だったカナダ大会から立て直した16歳の行動に、海外メディアは「ホンダが巨大なピカチュウの背後に隠れる」と写真付きで紹介している。

 本田がらしさを取り戻した。

 第1組最後の5番目で登場した本田は、冒頭の連続3回転ジャンプの1本目をルッツからフリップに戻し、フリップ―トーループを着氷。その後も持ち前の演技力で演じ、ノーミスの演技を披露した。歓声が降り注ぐと、真凜スマイルをのぞかせた。

 そして、客席から投げ込まれたピカチュウの巨大ぬいぐるみを見ると、拾ったフラワーガールのもとに寄り、受け取った。そのまま歓声を受けながら、キス&クライへ。顔が隠れるほど大きなピカチュウを抱いたまま得点を待ち、カメラに向かって笑顔。自己ベストに迫る66.90点が表示されると、納得した表情を見せた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー