[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

珍ミスでノーノー消した左翼手 痛恨の心境吐露「ミスの後にはお腹がむかむかした」

まさかの形でノーヒットノーランが消滅――。米大リーグ・ジャイアンツのジョニー・クエト投手が8日(日本時間9日)のドジャース戦で5回まで無安打投球。しかし、左翼への平凡なフライでまさかの珍プレーが起き、安打を許してしまった。米ファンにはクエトへの同情が広がっていたが、まさかの凡ミスでクエトの偉業を消してしまった左翼手ハンター・ペンスは「ミスの後にはお腹がむかむかした」と本音を明かしているようだ。

まさかの凡プレーをしてしまったジャイアンツのハンター・ペンスの心境は…【写真:AP】
まさかの凡プレーをしてしまったジャイアンツのハンター・ペンスの心境は…【写真:AP】

平凡な飛球を見失ったペンス、痛恨ミスの心境は?

 まさかの形でノーヒットノーランが消滅――。米大リーグ・ジャイアンツのジョニー・クエト投手が8日(日本時間9日)のドジャース戦で5回まで無安打投球。しかし、左翼への平凡なフライでまさかの珍プレーが起き、安打を許してしまった。米ファンにはクエトへの同情が広がっていたが、まさかの凡ミスでクエトの偉業を消してしまった左翼手ハンター・ペンスは「ミスの後にはお腹がむかむかした」と本音を明かしているようだ。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 勘弁してくれよ……。投手の嘆く声が聞こえてきそうだ。6回無死走者なし。右腕クエトが8番打者に渾身の直球を投げ込んだ。高めの球を相手は打ち上げる。平凡なフライが高々と上がり、左翼手のハンター・ペンスは定位置から少し前に出ながら両手を広げた。1アウトだ……と安心したのもつかの間だった。

 三塁手が慌てて「下がれ!」とジェスチャー。なんとペンスはボールを見失っていたのだ。混乱するペンスをよそに、ボールは遥か後方にポトリ。中堅手がカバーに入ったが、記録は三塁打となった。クエトも少し落胆した様子。クエトとペンスの反応をアップで捉えたものを含め、2本の動画を公開した米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」は「こういうわけでジョニー・クエトのノーヒットノーランが終わる」と記している。

 まだ6回だったとはいえ、偉業の可能性をつぶしてしまった当事者のペンス。試合後は責任を感じていたようで、NBCスポーツのサンフランシスコ・ジャイアンツ番記者アレックス・パブロビッチ氏のツイッターによると、こう話していたという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集