[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届 第1週から高校生36人一挙提出 最速150km右腕にヤクルト内野手の弟も

日本高校野球連盟が3日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は1週目を終えた。5日間(3~7日)で36人が一挙提出した。

5日間で36人がプロ志望届を提出した
5日間で36人がプロ志望届を提出した

3日からプロ志望届提出者の公示が開始

 日本高校野球連盟が3日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は1週目を終えた。5日間(3~7日)で36人が一挙提出した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 いよいよスタートしたプロ野球志望届の公示。投手では神村学園(鹿児島)の桑原秀侍が提出。最速149キロを誇り、独自大会の決勝では本塁打を放った。二刀流右腕として注目されている。このほか光泉カトリック(滋賀)の150キロ右腕・森本修都や、都城東(宮崎)の本格派右腕・有馬太玖登らも提出した。

 野手では中京大中京(愛知)の中山礼都内野手に注目。卓越した打撃技術と50メートル5秒9の俊足、遠投115メートルの強肩を併せ持った遊撃手だ。近江(滋賀)で1年秋からクリーンアップを打つ土田龍空内野手、ヤクルトの奥村展征内野手の弟で、高校通算19本塁打を誇る龍谷大平安(京都)の奥村真大内野手らも提出した。

 1週目の提出者は36人。ドラフト上位候補とされる明石商(兵庫)の150キロ右腕・中森俊介、同じく明石商の来田涼斗外野手、履正社(大阪)の強打者・小深田大地内野手らの動きも注目される。提出の締め切りは10月12日。提出者は同26日に実施予定のプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集