[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュの145km“超速変化球”が反響拡大 「これは何だろう?」「不気味な球」

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、ブルワーズ戦で今季初先発し、4回6安打3失点で敗戦投手となった。初回に投じた90マイル(約145キロ)の“超速変化球”の動画を米名物セレブが公開すると「一番凄い球を投げる」と米ファンを驚かせていたが、反響がさらに拡大。「ストライクと言ってしまいそう」などと日米のファンにインパクトを与えている。

カブスのダルビッシュ有【写真:AP】
カブスのダルビッシュ有【写真:AP】

今季初先発のブルワーズ戦、米名物セレブも反応したキレキレの変化球とは

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は25日(日本時間26日)、ブルワーズ戦で今季初先発し、4回6安打3失点で敗戦投手となった。初回に投じた90マイル(約145キロ)の“超速変化球”の動画を米名物セレブが公開すると「一番凄い球を投げる」と米ファンを驚かせていたが、反響がさらに拡大。「ストライクと言ってしまいそう」などと日米のファンにインパクトを与えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 躍動感あるフォームからキレのある変化球を投げ込んだ。初回、ダルビッシュがセットポジションから投じた1球は、右打者の内角に食い込みながら落ちた。打席のアビサイル・ガルシアは急変化に対処できず、空振り三振を喫した。球速表示は90マイル(約145キロ)。速さと変化量を持ち合わせた1球だった。

 この投球に注目したのはSNS上で投手を様々な形で分析し、現役メジャーリーガーや米メディアからもフォローされる名物セレブのロブ・フリードマン氏だ。実際の動画をツイッターに公開し「ダルビッシュ有の90マイルのエゲツないスプリット」とつづって投稿。米ファンからは「これは不気味な球だね」「気持ち悪い球だ」などとコメントが寄せられていた。

 すると、反響がさらに拡大。「オーマイガー」「空振りしてなくても思わずストライクと言ってしまいそう」などと驚きの声が上がっていたほか、日本人ファンも「これは、スプリームなのかスプリッターなのかなんなのだろうか……笑」「これ見てたけど打てんよなぁと」と注目していた。

 ダルビッシュは6月にツーシームとスプリットの間のような球種「スプリーム」の投球動画を自身のツイッターで公開。9万件を超える「いいね!」が押されるなど話題となっていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集