[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、大乱調 直球の平均は140km台…米ファン悲鳴「直球は本当に心配になる」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、開幕3戦目の敵地・アスレチックス戦で今季初登板初先発。右肘のトミー・ジョン手術後初、2年ぶりの公式戦マウンドだったが、1死も取れずに3四球3安打5失点で降板した。まさかの大乱調に米ファンからも悲鳴が上がっている。

今季初黒星を喫したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
今季初黒星を喫したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

1死も取れずに5失点で降板、米記者「スプリットも全然だった」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、開幕3戦目の敵地・アスレチックス戦で今季初登板初先発。右肘のトミー・ジョン手術後初、2年ぶりの公式戦マウンドだったが、1死も取れずに3四球3安打5失点で降板した。まさかの大乱調に米ファンからも悲鳴が上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 693日ぶりの公式戦登板はまさかの結果となった。直球の最速は152キロにとどまり、制球は乱れた。1死も取れずに降板するまでに30球。うちストライクは半数にとどまった。

 苦しんだ大谷について、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニの日は終わった。彼は30球以上投げて1死も取れず、スプリットも全然だった」とツイート。さらに「直球の速度は平均92.9マイル(約149.5キロ)だった」と160キロ超のファストボールを誇る右腕が、平均では150キロにも届かなかったことを伝えている。

 この投稿に米ファンも不安を募らせている。「約93マイル(約149.7キロ)の直球は本当に心配になる」「彼は良くなって戻ってくるさ」「最も不安なことかもしれない」「スプリットが全然投げられないんじゃ、肘は治ってないんじゃないか?」「彼のトミージョン手術は22か月前なのにこれは心配だ」とコメントが集まっていた。

 さらには「オオタニは二刀流を諦めるべきだ」「DHに専念すべきだ」などと打者専念を勧めるものもあった。

 チームも4-6で敗れ、大谷は今季初黒星を喫した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集