[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

リゴンドー、バンタム級の“逃げる実力者たち”に苦言 「みんな俺に負けるだろう」

ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は、スーパーバンタム級時代に強すぎて相手が見つからない時期があったが、「バンタム級でも同じことが起こるかもしれない」と語っている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

ギジェルモ・リゴンドー【写真:AP】
ギジェルモ・リゴンドー【写真:AP】

井上尚弥らと対戦を望むリゴンドー、「2番目の部分が問題なんだ」と指摘した点とは

 ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)は、スーパーバンタム級時代に強すぎて相手が見つからない時期があったが、「バンタム級でも同じことが起こるかもしれない」と語っている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)撃破してWBAスーパー王者に。リゴンドーは空座となったWBA正規王座を今年2月に勝ち取った。スーパーバンタム級で強さを誇った男は、バンタム級でも厳しい現実に直面していると感じているという。

 記事では「ギジェルモ・リゴンドーは次なる対戦相手を待っている。だが、多くの人々が彼から逃げていることを恐れている」と報じている。プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)は年内の対戦カードを発表したが、現時点でリゴンドーの名はどこにも存在しないという。リゴンドーはこう話している。

「コロナウイルスで引き起こされたこの狂気の状況がどうなるか静観している。すべてが少しストップしてしまっているが、ボクシングの試合はすでに再開されている。PBCも戻ってきたが、まずはその場に立つことを祈っている」

 2013年にはドネアに判定勝ち。スーパーバンタム級で強さを証明していたが、対戦相手から逃げられていると感じていたという。

「(誰も戦いたがらない?)バンタム級でまた同じことが起こるのでは、と俺は恐れている。だが、望みを捨てたくないのでバンタム級に残る。この階級にはいいファイターが存在する。だが、彼らは俺に負けることをわかっている。2番目の部分が問題なんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集