[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悪童ネリが改心!? 過去の体重超過を反省「オレは自分の過ちに気が付いた」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリは8月1日(日本時間2日)にWBC世界スーパーバンタム級9位アーロン・アラメダ(メキシコ)との対戦が有力となっている。1年ぶりのリングに上がる予定のネリはバンタム級&スーパーバンタム級での4団体統一という壮大な野望に掲げているが、一方で過去の度重なる体重超過などには反省を口にしている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

「8・1」にリング登場予定「素晴らしい試合を見せる準備はできている」

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリは8月1日(日本時間2日)にWBC世界スーパーバンタム級9位アーロン・アラメダ(メキシコ)との対戦が有力となっている。1年ぶりのリングに上がる予定のネリはバンタム級&スーパーバンタム級での4団体統一という壮大な野望に掲げているが、一方で過去の度重なる体重超過などには反省を口にしている。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 昨年7月に元WBAバンタム級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を倒して以来となる実戦のリングに上がるネリ。過去の愚行を反省しているようだ。

 かつてESPNでコメンテーターを務めていたエルネスト・アマダー氏とのインタビューでネリは「オレは自分の過ちに気が付いた」と振り返っている。

「しかし、オレに何ができるかを見せて、前に進むための時間はキャリアの中に十分にあると思っている。減量を成功させ、素晴らしい試合を見せる準備はできている。ビッグファイトをすることで、自分についてしまった悪いイメージを取り除きたい。戦うのが待ち遠しいよ」

 過去にドーピング違反や、計量失敗を繰り返してきたネリ。2018年3月の山中慎介とのWBC世界バンタム級タイトルマッチは、前日計量での体重超過でタイトル剥奪。昨年11月の前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBC世界バンタム級挑戦者決定戦でも、前日計量で1ポンド(約450グラム)の体重超過を犯して中止になっていた。

 アラメダとは122ポンド(約55.3キロ=スーパーバンタム級)で戦うネリ。「プロモーターと話すさ。俺は最高の相手と戦う。まず118ポンドを制覇し、122ポンドへ階級を移す。俺の夢はいつも各階級での4団体統一だ」と2階級での4団体完全制覇という夢をぶち上げているが、まずは次戦で言葉通り、前日計量までにしっかりと体を作ってくることができるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集