[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳コストルナヤ、引退後に医師を目指すワケ「まだ誰も挑戦できていない手術もある」

フィギュアスケートで昨年のグランプリファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が引退時期と、その後のプランに言及している。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」のインタビューで明かしている。

アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP】
アリョーナ・コストルナヤ【写真:AP】

初の五輪で区切りか「30年間勝ち続けられるスポーツではない」

 フィギュアスケートで昨年のグランプリファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が引退時期と、その後のプランに言及している。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」のインタビューで明かしている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ジュニア時代から定評があった美しいスケーティングと、新たに習得した3回転アクセルを武器に、2019-20シーズンはGPシリーズのフランス杯、NHK杯で連勝。12月のファイナルでもアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ(ともにロシア)を抑えて優勝。欧州選手権も制して国際大会では5戦全勝だった。

 北京五輪でも金メダル有力候補とされるが、同メディアの独占インタビューでは現役生活は残り2シーズンだと示唆している。

「フィギュアスケートは30年間勝ち続けることのできるスポーツではありません。確かにショーなどで観客を前にして滑ることはできると思います。しかし、4回転を跳べる15歳がたくさん出てきます。彼女たちにはパワーとエネルギーがあり、それを止めることはできません」

 自身もまだ16歳だが、さらに若き才能が育っていることに言及。また引退後のプランにも触れ、「オリンピックシーズンに向けてこのシーズンも頑張ります。そのあと医師になる夢を追いかけます。多分ショーなどでは滑るでしょう。1年近く続くロングツアーを行うことがずっと私の夢でした。そして脳神経外科医になる夢を実現しようと思います」と話している。

 以前から脳神経外科医を目指すという夢は語っていたが、その理由については「世の中にはたくさんの病気があります。まだ発見できていないこともたくさんあります。リスクがあるためにまだ誰も挑戦できていない手術もあります。それにやりがいがあると感じています」と明かしている。

 美しく正確な演技で観衆を魅了してきたコストルナヤ。自身の将来についても明確にプランニングしている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集