[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山は「静かに順応する」 久々V争いに米メディア「勝利への渇望を終わらせる場所」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのワークデーチャリティー・オープンは10日(日本時間11日)、オハイオ州ダブリンのミュアフィールドビレッジGC(7456ヤード、パー72)で第2日が行われ、悪天候の影響で一部選手が日没サスペンデッドとなった。ツアー通算6勝目を狙う松山英樹(LEXUS)は4バーディー、ボギーなしの68で回り、首位と4打差の通算9アンダーで暫定4位。久々の優勝が手に届く位置につけ、米メディアは「勝利への渇望を終わらせるにはいい場所だ」と紹介している。

優勝の期待がかかる松山英樹【写真:Getty Images】
優勝の期待がかかる松山英樹【写真:Getty Images】

悪天候でも通算6勝目へ暫定4位、米専門サイトが紹介「マツヤマは少しも動じない」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのワークデーチャリティー・オープンは10日(日本時間11日)、オハイオ州ダブリンのミュアフィールドビレッジGC(7456ヤード、パー72)で第2日が行われ、悪天候の影響で一部選手が日没サスペンデッドとなった。ツアー通算6勝目を狙う松山英樹(LEXUS)は4バーディー、ボギーなしの68で回り、首位と4打差の通算9アンダーで暫定4位。久々の優勝が手に届く位置につけ、米メディアは「勝利への渇望を終わらせるにはいい場所だ」と紹介している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 悪天候の影響でスタートが1時間15分遅れると、スタート後にも1時間16分中断。しかし、松山は再開直後の12番パー3で5メートル半のパットを沈めてこの日初バーディーを奪った。前半に3つ伸ばす好プレー。後半は1バーディーだったが、時間の経過とともに風が強くなる悪天候でもボギーをたたかなかった。

 日系ゴルファーの23歳新星コリン・モリカワ(米国)が13アンダーで暫定首位。松山は4打差の暫定4位で決勝ラウンドを迎える。米専門サイト「ゴルフウィーク.com」は「ヒデキ・マツヤマは静かに順応、ワークデーの争いに名乗り」の見出しで記事を掲載。スタート時の様子をつづっている。

「ヒデキ・マツヤマが2日目のラウンドを始めようとした時、首位のコリン・モリカワに8打差だった。マツヤマはそれを知らなかった。彼がミュアフィールドビレッジGCでティーからボールを打とうとした時、暴風雨となり、彼を屋根の下へと走らせた。マツヤマはそれに少しも動じなかった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集