[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「失敗してでも跳ぶ」― 宇野昌磨、「挑戦」で世界に見せつけた“心の強さ”

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日(日本時間29日)、男子フリーでショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が197.48点をマークして合計301.10点で優勝した。2位のジェイソン・ブラウン(米国)に約40点差をつける圧勝で2016年のスケートアメリカ以来となるGP3勝目を挙げた。

技術点で12人中唯一100点台、GP3勝目…大会前は不安も「今の満足できる演技できた」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日(日本時間29日)、男子フリーでショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が197.48点をマークして合計301.10点で優勝した。2位のジェイソン・ブラウン(米国)に約40点差をつける圧勝で2016年のスケートアメリカ以来となるGP3勝目を挙げた。

 圧巻のSPから一転、フリーは耐える演技だった。前日の疲れから「足が動かなかった」という中、序盤の3回転ループで着氷時に体勢を崩し、「こうなるなと思いながら跳んだ」と苦笑い。その後の4回転ジャンプでもミスが続いたが、勝負をかけていた後半に何とか立て直した。

「コンビネーションジャンプを失敗してでも飛ぶ」という目標を掲げていた通り、4回転トーループ―2回転トーループ、3回転アクセル―3回転フリップ、3回転サルコー―3回転トーループを立て続けに跳んで見事に成功。後半にかけて貴重な加点をつかみ、高得点につなげた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集