[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、圧巻300点超V! 40点差圧勝に海外速報「ショーマはあり得ない存在」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子フリーでショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計301.10点で優勝。圧巻の300点超えに対し、海外メディアは「ショーマはあり得ない存在」と速報している。SP3位のジェイソン・ブラウン(米国)が合計261.14点で2位に入った。

SP&フリー1位の300点超でGP初戦V、2位ブラウンに40点差をつける圧勝

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは27日(日本時間28日)、男子フリーでショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計301.10点で優勝。圧巻の300点超えに対し、海外メディアは「ショーマはあり得ない存在」と速報している。SP3位のジェイソン・ブラウン(米国)が合計261.14点で2位に入った。

 圧巻だった。10番手で登場した宇野は前半でジャンプにミスを出したが、その後は演技の中できっちりと立て直し、強さを見せた。演技後は大歓声を浴びながら、満足げな笑み。得点はフリー1位の197.48点をマークし、2位ブラウンに約40点差をつけ、GP初戦で圧勝を飾った。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は、美しく滑る宇野の演技のワンシーンの動画とともに「ショーマはあり得ない存在だ」と公式ツイッターで速報。さらに、300点超えをマークしたスコアも速報している。

 ミスがありながら300点を超えてしまう強さを発揮した宇野。平昌五輪が控える運命のシーズン、GP初戦で、その能力の高さを世界に見せつけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集