[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太を世界の猛者はどう見るのか “奇跡の男”が語った「MURATA」の可能性

ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(帝拳)は、10月22日に行われたアッサン・エンダム(フランス)とのWBA世界ミドル級タイトルマッチでTKO勝ち。新チャンピオンの座に就いたことで、「MURATA」の名が世界の猛者たちの耳にも入ったのは間違いない。では、現役ボクサーには村田の現在地はどのように映っているのか。元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米国)は「新たに鍵となる選手が誕生した」と語り、「真のワールドクラスのファイターと戦った時、彼の真価が測られるだろう」と分析する。

村田の真価を測るには? 元王者ジェイコブスが説く「ワールドクラス」と対戦の必要性

 ボクシングの2012年ロンドン五輪ミドル級金メダリストの村田諒太(帝拳)は、10月22日に行われたアッサン・エンダム(フランス)とのWBA世界ミドル級タイトルマッチでTKO勝ち。新チャンピオンの座に就いたことで、「MURATA」の名が世界の猛者たちの耳にも入ったのは間違いない。では、現役ボクサーには村田の現在地はどのように映っているのか。元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(米国)は「新たに鍵となる選手が誕生した」と語り、「真のワールドクラスのファイターと戦った時、彼の真価が測られるだろう」と分析する。

 今年3月、WBA、WBC、IBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との統一戦に僅差の判定負けを喫したジェイコブスだが、「(試合に)勝っていた」と見る米メディアも存在した。32勝(29KO)2敗という戦績を誇り、かつて脊髄の骨肉腫を克服したことから、“ミラクルマン”(奇跡の男)の異名を取る30歳。11月11日にルイス・アリアス(キューバ)との復帰戦を前に、「村田VSエンダム」戦もチェックしたという。

「ムラタはパワーとスキルをハイレベルで備えた好ファイターだと思う。(エンダム戦は)良い試合で、結果としてミドル級に新たに鍵となる選手が誕生した」

 エンダムにTKO勝ちを収めたパワーと技術を認める一方で、現段階で「ボクサー村田」のすべてを評価するのは時期尚早だと話す。

「僕らは、ムラタがエリートファイターと対峙した時に何ができるかを目にしていない。エンダムは良い選手だけど、彼はエリートじゃない。いずれ真のワールドクラスのファイターと戦った時、ムラタの真価が測られるだろう。もちろん、ムラタはまだ若く、エキサイティングなファイターであることには変わりはないよ」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集