[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太を世界の猛者はどう見るのか “奇跡の男”が語った「MURATA」の可能性

元王者は対戦を歓迎「米国でタイトル戦をする気があるなら、僕はここで待っている」

 ミドル級にはゴロフキン、ジェイコブスの他にも、サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)、ジャーモール・チャーロ(米国)、デメトリアス・アンドレード(米国)、デビッド・レミュー(カナダ)など実力者揃い。人々の注目は当然、今後のマッチメークに移っている。現時点では決して「現実的」とは言えないが、ジェイコブスら“ビッグネーム”との対戦が実現した暁には大きな話題になるだろう。

「エキサイティングなことだ。僕は自分こそが世界最高のミドル級ボクサーだと思っている。トップ中のトップの選手たち(ゴロフキン、カネロ)が僕との即座の対戦を望まなかったとしても、チャーロでも、ムラタでも話があれば誰とでも戦う心構えだ。もし、アメリカでタイトル戦をする気があるなら、僕はここで待っているよ。そして、それは僕だけでなく、多くのミドル級強豪ボクサーたちが同じ思いだろう。ムラタの今後を楽しみにしているし、ぜひ実現するように動いてほしいね」

 ボクシング界屈指の好漢として知られるジェイコブス。村田に関する好意的な言葉には、リップサービスも少なからずあっただろう。ただ、その中でも「エリートたちと対戦した時に村田に何ができるか?」という言葉には、世界を舞台に戦ってきた“ベテラン”としてのプライドが滲んだ。

 現状、世界王座を保持しているのは村田で、ジェイコブスは無冠の前王者。それでも、世界的な評価はジェイコブスの方が上で、「村田はまだ自分たちのレベルに達したわけではない」という想いはあるはずだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集