[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ陽性デュランが退院、自宅療養へ “早期KO勝ち”にWBA祝福「健康で嬉しい」

新型コロナウイルスの感染が判明していたボクシングの元世界4階級制覇王者ロベルト・デュラン氏(パナマ)が、退院したことを報告した。かつてベルトを保持したWBAの公式ツイッターは同氏が公開した退院時の喜ばしい様子の動画を引用しながら「健康で嬉しく思う」などとつづっている。

ロベルト・デュラン氏【写真:Getty Images】
ロベルト・デュラン氏【写真:Getty Images】

ガッツ石松らと戦った「石の拳」、6月末からの入院生活が終了

 新型コロナウイルスの感染が判明していたボクシングの元世界4階級制覇王者ロベルト・デュラン氏(パナマ)が、退院したことを報告した。かつてベルトを保持したWBAの公式ツイッターは同氏が公開した退院時の喜ばしい様子の動画を引用しながら「健康で嬉しく思う」などとつづっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 6月末から入院していたレジェンドがコロナを“KO”した。マスク姿で車いすに座ったデュラン氏。周りで医療従事者たちがパナマ国旗を持って祝福している。同氏が言葉を述べると、拍手喝采で退院を祝っているようだ。

 WBAは公式ツイッターに「ボクシング界のレジェンド、ロベルト・デュランが退院し、今後は自宅での療養を続ける予定。WBA、そしてWBAのファミリーは皆、デュランがすでに家族とともにいること、何よりも健康でいることを嬉しく思っている」と投稿。無事に回復したことを伝えている。

 デュラン氏のコロナ陽性については、人工呼吸器などによる治療は受けず軽症であることを息子のロビン氏がインスタグラムで明かしていた。現役時代は「石の拳」の異名を取ったレジェンド。ガッツ石松ら日本人とも戦い、日本のファンにも知られた存在だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集