[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「井上尚弥を超える日本人」が登場 米メディアが独自ランクで4位に抜擢した選手とは

高評価を手にした寺地拳四朗【写真:Getty Images】
高評価を手にした寺地拳四朗【写真:Getty Images】

“井上超え”の評価を手にした日本人王者に注目「日本の108ポンドの巨人」

 そして、日本史上最高の呼び声高い井上よりも、高評価を手にした日本人チャンプがいる。WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)が4位に選出された。寸評ではこう記されている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

「日本の108ポンド(48.9キロ)の巨人は2017年にガニガン・ロペスとのタイトルマッチを制した後、見事に連勝を重ねている。防衛戦7試合のうち、4試合はトップ10以内に評価される相手からだ」

 ペドロ・ゲバラ(メキシコ)、ミラン・メリンド(フィリピン)ら元タイトル保持者へ勝利も評価ポイントとなっているようだ。寸評では今後の鍵として、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)との日本人同士の統一戦を挙げており、「現在の王者の中で、ランクを急上昇される最高のチャンスになる」と指摘している。

 現役日本人世界王者で最多7度の防衛を誇る寺地。「同一階級の世界戦回数と対戦相手の強さ」というCFCの基準においては、軽量級ながら海外で高評価を受けているようだ。

 CFCトップ10は以下の通り

1位 サウル・アルバレス
2位 ワシル・ロマチェンコ
3位 エロール・スペンス・ジュニア
4位 寺地拳四朗
5位 ミゲル・ベルチェット
6位 タイソン・フューリー
7位 ジョシュ・ワーリントン
8位 ジョシュ・テイラー
9位 井上尚弥
10位 アルツール・ベテルビエフ

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集