[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「人間には不可能だ」 NFLの新型コロナ対策、厳しい“1.83mルール”にHCがお手上げ

9月に開幕を控える米プロフットボール(NFL)は、7月下旬から始まるトレーニングキャンプなどに向けて、新型コロナウイルス対策の指針を各チームに通達。しかし厳しすぎる指針に、レイブンズのジョン・ハーボーヘッドコーチ(HC)は不満を示しているようだ。米メディアが伝えている。

レイブンズのジョン・ハーボーHC【写真:Getty Images】
レイブンズのジョン・ハーボーHC【写真:Getty Images】

リーグは練習施設などの1.83mの社会的距離を指示

 9月に開幕を控える米プロフットボール(NFL)は、7月下旬から始まるトレーニングキャンプなどに向けて、新型コロナウイルス対策の指針を各チームに通達。しかし厳しすぎる指針に、レイブンズのジョン・ハーボーヘッドコーチ(HC)は不満を示しているようだ。米メディアが伝えている。

【特集】オリンピック2連覇を目指す体操男子 日本代表監督が大切にする論理的思考 / 体操・水鳥寿思インタビュー(GROWINGへ)

 どのように練習をすればいいのか……。NFLが発表した指針には、練習施設の区分けや利用できる人、ロッカールーム、ミーティング、ジム、食堂などで各々が常に距離をとることを徹底。施設の清掃と消毒、食品の扱いなどについても細かいルールが定められている。

 11日(日本時間12日)に地元ラジオ局「105.7 The Fan」の番組に出演したハーボーHCは、この指針を守って練習する方法は「誰も分からない」と不満を述べた。

「専門家でさえ分からないんだ。すべてのメモを読んだけれど、正直に言ってリーグが求めていることは不可能だ。人間には不可能なことだよ」

 常に6フィート(1.83メートル)の距離を保つことについて、ハーボーHCは「ハドルを組む時は間違いなく6フィート離れていない。シャワーは一人ずつ使うのか? ウェイト(トレーニング)でも一人ずつ使うのか?」と、いかに現実的でないかを説明。「リーグと選手会はしっかりと把握し、常識を持って同意しなければいけない。そうすれば決められた時間内で仕事が達成できる」と指針の改善を求めた。

 オフェンシブラインとディフェンシブラインの選手たちなどは、ほぼ確実に密集した状態のプレーが必要となるアメリカンフットボール。コンタクトスポーツである以上、選手同士の接触は避けられないが、ハーボーHCが「不可能」と断言した指針の改善はあるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集