[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコの「完璧な一撃」 超高速フックでの失神KOに戦慄再び「マジで残酷」

ボクシングのライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。現役最強の一角として知られる“精密機械”は4年前の6月11日(日本時間12日)に世界最速の7戦目での2階級制覇を達成した。最後は左アッパーから右フックの高速コンビネーションで対戦相手を失神させる戦慄KOの瞬間を、米興行大手トップランクの公式インスタグラムが動画付きで公開。「マジで残酷」「完璧な一撃」とファンからは再び喝采が起きている。

ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】
ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】

4年前の「6・11」、史上最速で2階級制覇の一戦に再脚光

 ボクシングのライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。現役最強の一角として知られる“精密機械”は4年前の6月11日(日本時間12日)に世界最速の7戦目での2階級制覇を達成した。最後は左アッパーから右フックの高速コンビネーションで対戦相手を失神させる戦慄KOの瞬間を、米興行大手トップランクの公式インスタグラムが動画付きで公開。「マジで残酷」「完璧な一撃」とファンからは再び喝采が起きている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 2016年の「6・11」。ロマチェンコがボクシング史に新たな伝説を打ち立てた日だ。デビュー7戦目で当時のWBO世界スーパーフェザー級王者ローマン・マルチネス(プエルトリコ)に挑戦。1回からペースを握り、ストップ寸前まで追い詰める。そして5回だ。

 じわじわとプレッシャーをかけ、マルチネスの下がり際に左ストレートをヒット。さらにロープに詰めると左アッパーから、間髪入れずに右フックを見舞った。失神したように大の字に倒れるマルチネス。そのまま10カウントを聞かせた。フェザー級に続く、2階級制覇を達成。8戦目で2階級を制覇した井上尚弥を抜き、世界最速の7戦目での快挙だった。

 当時、7戦目でロマチェンコにとってベストパフォーマンスともいわれたこの試合。戦慄のKOシーンを、トップランクは「4年前、ロマチェンコがこの残酷な勝利で2階級世界王者になった」と記して動画付きで再び脚光を浴びせると、ファンは再び衝撃を受けているようだ。

「マジで残酷なKO」
「完璧な一撃」
「ロマは最強」
「何と美しい」
「ベスト・オブ・ベスト」
「ビーストの定義」
「信じられないファイター」
「速くてスマートな一撃」

 などと称賛のコメントが立て続けに書き込まれていた。

 ロマチェンコは2018年5月にホルヘ・リナレス(帝拳)を破り、3階級制覇を達成。現在はIBFを除く3団体のベルトを手にしている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集