[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】ザギトワが目を閉じ…マサルとの美しい“添い寝2ショット”に反響「夢のような犬だ」

新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)だ。昨年4月、インスタグラムに愛犬・マサルとの“添い寝2ショット”を公開すると、「夢のような犬」と反響が集まっていた。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―マサルと添い寝するザギトワ

 新型コロナウイルスの感染拡大は収束の兆しを見せ、緊急事態宣言も全面解除された。それでも、多くのスポーツイベントが再開するまで、しばらく時間がかかる。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)だ。昨年4月、インスタグラムに愛犬・マサルとの“添い寝2ショット”を公開すると、「夢のような犬」と反響が集まっていた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 マサルは飼い主とアイスショーデビュー。ザギトワはシーズン中に着用したお揃いのチュチュ衣装で登場し、ファンを沸かせた。ショー終了後、平昌五輪女王はインスタグラムのストーリー機能を使ってマサルと添い寝する2ショットを投稿した。

 白のシャツをまとったザギトワはベッドのような場所に横たわり、目を閉じている。その隣で添い寝しているのはマサルだった。ザギトワはお腹辺りに手を回し、頬をマサルの頭に近づけ、ぴったりと寄り添っている。リラックスした様子のマサルもザギトワの上半身より大きく、19年2月に1歳を迎えて一層成長している様子。なんとも可愛らしい1枚だ。

 ショーを終えて投稿された1枚をロシアメディア「sports.ru」フィギュア版インスタグラムが引用して紹介。海外ファンから「ドリームズ・カム・トゥルー。金メダリストフィギュアスケーターになり、夢のような犬も手にした」と声が上がり、平昌五輪を制してマサルを飼い、念願だったショー共演を果たした2人に魅了された様子だった。

 この日のショーではザギトワのコーチ、ダニイル・グレイヘンガウス氏に抱えられ、場内を一周。大観衆に緊張するどころか、堂々たる振る舞いでファンを沸かせていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集