[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ゴロフキン、戦慄の左フック炸裂 膝から崩れる衝撃KOに再脚光「野獣だ」「殺人級」

ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が1年前に魅せた衝撃KOが再脚光を浴びている。昨年6月8日(日本時間9日)、スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位だったスティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。“戦慄の左”の瞬間を米メディアが動画付きで投稿すると「すごいパンチ」「本当の王者」「野獣だ!」などとファンから反響が寄せられている。

ゲンナジー・ゴロフキン(左)【写真:Getty Images】
ゲンナジー・ゴロフキン(左)【写真:Getty Images】

1年前にロールスにKO勝ちしたシーンを米メディアが公開

 ボクシングのIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が1年前に魅せた衝撃KOが再脚光を浴びている。昨年6月8日(日本時間9日)、スーパーミドル級のノンタイトル12回戦でIBF世界ミドル級8位、WBC15位だったスティーブ・ロールス(カナダ)に4回2分9秒KO勝ち。“戦慄の左”の瞬間を米メディアが動画付きで投稿すると「すごいパンチ」「本当の王者」「野獣だ!」などとファンから反響が寄せられている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 約9か月ぶりのリングで健在ぶりを示した。KOシーンは4回。がっちりガードを固める相手に対し、強引に上から左を叩き込んだ。ふらつくロールスに連打で圧力をかけ、ロープに追い込むと、最後は接近戦から左フック。相手は膝から崩れ落ちて前のめりにダウン。目は、焦点が合っていない。立ち上がろうとするも、フラフラの足では無理だった。

 米ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンが大歓声に包まれたゴロフキンの一撃。スポーツチャンネル「DAZN USA」公式インスタグラムは「1年前、GGGがマディソン・スクエア・ガーデンを駆け抜けた」とつづり、実際のKOシーンとともに投稿。キャリア19勝(10KO)無敗だったロールスを沈めた瞬間を振り返っている。

 投稿にファンからは「GGGは本当の王者だ」「すごいパンチの持ち主」「現地で観戦していたが、これは素晴らしい記憶だ」「伝説だ」「GGGは最高だ! 早く戦う姿が見たい!」「GGGの全盛期を見逃してはいけないね」「野獣だ!」「殺人級」などと反響が寄せられていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集