[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

45歳ミルコの左ハイ炸裂 往年の秘技6発に反響「これぞ死のハイキック」「鋭い」

K-1、PRIDEで活躍した格闘家のミルコ・クロコップ氏。昨年3月に現役引退を表明していたが、45歳となった現在も肉体の維持に努めているようだ。トレーニング場で、相手の顔面目掛けて得意の左ハイキックを繰り出す動画を、自身のインスタグラムで公開。かつて格闘技界で恐れられた必殺技に対しては、「鋭いね」「これぞ死のハイキック」などファンからは称賛の声が相次いでいる。

ミルコ・クロコップ氏【写真:Getty Images】
ミルコ・クロコップ氏【写真:Getty Images】

自身のインスタグラムに練習場での動画を公開

 K-1、PRIDEで活躍した格闘家のミルコ・クロコップ氏。昨年3月に現役引退を表明していたが、45歳となった現在も肉体の維持に努めているようだ。トレーニング場で、相手の顔面目掛けて得意の左ハイキックを繰り出す動画を、自身のインスタグラムで公開。かつて格闘技界で恐れられた必殺技に対しては、「鋭いね」「これぞ死のハイキック」などファンからは称賛の声が相次いでいる。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 相変わらずの威力だ。トレーニング場でたくましい腕にグラブを付けたミルコは、サポーターを付けた左足を何度も振り上げた。顔の前でガードした相手の腕に当たると、重たい音が響き渡る。太い脚から放たれた必殺の左ハイキックは計6発。強烈な蹴りに相手はたじろぎ、何度も後ろ向きによろめいていた。

 実際の動画をミルコは自身のインスタグラムに公開。さび付いていない秘技に対しては、ファンから様々な反響が寄せられている。

「ハイキックは決して死なない!」
「鋭いね」
「ミスター・ハイキック!」
「世界最高のハイキック!」
「左足という墓場」
「これぞ有名な死のハイキック」
「戦いの場に戻ってくるのをまっているぞ」

 K-1ではピーター・アーツやマーク・ハントら猛者に勝利。PRIDE等総合格闘技では、永田裕志やヴァンダレイ・シウバを左ハイキックでリングに沈めるほか、元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルとも死闘を繰り広げた。昨年、脳卒中を発症したため現役引退を表明していたが、“プロレス・ハンター”は未だ鍛錬を続けているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集