[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリーVSワイルダー第3戦、アラム氏注目発言 「11月か12月に米英以外で開催」

ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦が今年11月か12月に、米国と英国以外で開催される可能性が浮上している。米興行大手「トップランク」のボブ・アラムCEOが語っている。

タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
タイソン・フューリー(左)とデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

2月以来の第3戦、完全決着の舞台はどこに?

 ボクシングのWBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国)と、前WBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)の第3戦が今年11月か12月に、米国と英国以外で開催される可能性が浮上している。米興行大手「トップランク」のボブ・アラムCEOが語っている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 両者の対戦は3度目。1度目は2018年12月に対戦して引き分け。今年2月22日(日本時間23日)に“世紀の再戦”が行われ、フューリーが7回TKOでV10を誇っていたワイルダーを破っていた。正真正銘の決着がつく第3戦はこの冬となるかもしれない。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスティーブ・キム記者は「ボブ・アラム氏によるとタイソン・フューリーとデオンテイ・ワイルダーの試合の開催は11月か12月を目標にしているという」とツイート。

 さらにアラム氏が「米国と英国以外での開催になるだろう。我々は場所を決めようと現在動いている。米国のゴールデンタイムに試合が行えるように候補地は2つ存在している。6月にこれについての話し合いができれば、と思っている」と話していたことも伝えている。

 また米専門メディア「ボクシングニュース24」もこの最新情報をフォローするように「アラム氏にとって良い選択肢となるのはカナダでの開催だろう。この戦いをカナダで行うことで、アメリカからのアクセスも近いし、英国のフューリーのファンも旅行しやすい。また大規模なスポーツイベントを行うことにこの国は慣れている」とカナダでの開催プランを予測している。

 両者の第3戦をめぐってはこれまでにも様々な憶測が流れており、新型コロナ禍のため一時は年内の開催は不可能とも見られていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集