[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「No.1ブレイク選手」 リング誌編集長が認定「PFPトップ5には理由がある」

新型コロナウイルスの感染拡大で、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦は延期となっている。パウンド・フォー・パウンド(PFP)で世界3傑に選出されている実力者の井上に対し、ボクシング専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は「近年のNo.1ブレイク選手」と評価している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

読者からのQ&A企画で井上を一押し

 新型コロナウイルスの感染拡大で、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦は延期となっている。パウンド・フォー・パウンド(PFP)で世界3傑に選出されている実力者の井上に対し、ボクシング専門誌「ザ・リング」のダグラス・フィッシャー編集長は「近年のNo.1ブレイク選手」と評価している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 リング誌毎週恒例のQ&A企画で、フィッシャー編集長に読者からこんな質問が届いた。

「以下に挙げた最近ブレイクした5人のうち、最も功績を成し遂げたのはどのファイターですか? 実績に加えて、この先5年間のスター性も考慮してください」

 WBAスーパー&IBF世界スーパーライト級王者ジョシュ・テイラー(英国)、IBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)、WBC&IBF世界ライトヘビー級王者のアルツール・ベテルビエフ(ロシア)、WBAスーパー&IBF世界スーパーバンタム級王者ムラドジャン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)とともに、井上の名前が挙がった。

 フィッシャー編集長が選んだのはモンスターだった。

「私はイノウエと言いたい。この5人の中でここまで最も多くを達成している。彼はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で将来の殿堂入り選手(ドネア)を倒した。2つのメジャー団体とリング誌のチャンピオンベルトを持っている。そして、2019年のリング誌の年間最優秀ファイターの1人だった。日本のスターが全ての人間のPFPトップ5に選出されるには理由があるのだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集