[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】豪協会の女性幹部が感銘 横浜の日本ファンの姿は「あまりに情熱的で敬意に溢れた…」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回はマッチコミッショナーを務めたオーストラリア人女性の言葉を再度紹介。大会を支える裏方はホスト国の観衆について「あまり情熱的で敬意に溢れたサポーター」と絶賛していた。

ラグビー日本代表とファンたち【写真:Getty Images】
ラグビー日本代表とファンたち【写真:Getty Images】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回はマッチコミッショナーを務めたオーストラリア人女性の言葉を再度紹介。大会を支える裏方はホスト国の観衆について「あまり情熱的で敬意に溢れたサポーター」と絶賛していた。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 オーストラリアラグビー協会で女子部門のトップを務めていたジリー・コリンズさんは、日本大会でマッチコミッショナーを務める女性3人のうちの1人だった。大会公式サイトは、当時のコリンズさんにスポットライトを浴びせていた。

 試合当日は芝の状態や広告ボードの設置状況などを確認。中継局へのブリーフィングなど様々な業務をこなしていた。

「試合開始5時間前から終了の2時間後までは大忙し。細部まで整備されていなければいけないし、全てを同時に進める必要がある。重要な決断の際もプレッシャーの中で、冷静さを保たなければいけません」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集