[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

UFCで血染めの死闘 両者は真っ赤、流血の瞬間に英紙戦慄「恐ろしい光景だった」

米最大の総合格闘技「UFC」は16日(日本時間17日)にフロリダ州ジャクソンビルで「UFCファイトナイト」を無観客で開催した。フェザー級のネイト・ランドワー(米国)とダレン・エルキンス(米国)の一戦は、両者血まみれの死闘に。英紙は「恐ろしい光景だった」と熱戦を特集している。

判定勝ちしたネイト・ランドワー【写真:Getty Images】
判定勝ちしたネイト・ランドワー【写真:Getty Images】

エルキンスに大量の出血がありながらも、試合は判定決着に

 米最大の総合格闘技「UFC」は16日(日本時間17日)にフロリダ州ジャクソンビルで「UFCファイトナイト」を無観客で開催した。フェザー級のネイト・ランドワー(米国)とダレン・エルキンス(米国)の一戦は、両者血まみれの死闘に。英紙は「恐ろしい光景だった」と熱戦を特集している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 両者の顔面が赤く染め上げられた。2回にランドワーのエルボーを受けるなど、顔から大量の出血をしながらも戦ったエルキンス。大ダメージにも屈さない死闘の末、試合は結局判定までもつれ込んだ。終了後、エルキンスは雄たけびを上げながらも止血を受け、ランドワーも返り血を浴びたのか体が血でまみれていた。

 試合はランドワーの判定勝ち。英紙「ザ・サン」はこの一戦について「UFCのスター選手、ネイト・エンドワーは無観客試合でダレン・エルキンスに深い傷を負わせたことをダナ・ホワイト氏に見せつけた」との記事で報じている。

 同紙は流血のシーンについて「恐ろしい光景だった」と表現。試合後のランドワーが「良い気持ちだ。勝ち誇った気分。少し血がかかってしまったが、それでも最高の気分だ。勝ったことだけじゃなく、素晴らしいショーをファンに見せられたと思う」と話したとも伝えている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集