[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】「日本は素晴らしい役目果たした」 海外カメラマンが厳選した“日本大会の肖像”

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、海外カメラマンが選出した日本大会のベストショットを再度紹介。世界的フォトエージェンシー「Getty Images(ゲッティ・イメージズ)」により、さまざまな写真が届けられたが、垂涎の写真5枚を撮影した本人の当時のコメントとともに再掲する。

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は、海外カメラマンが選出した日本大会のベストショットを再度紹介。世界的フォトエージェンシー「Getty Images(ゲッティ・イメージズ)」により、さまざまな写真が届けられたが、垂涎の写真5枚を撮影した本人の当時のコメントとともに再掲する。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

10月13日 1次リーグ・日本―スコットランド(横浜国際総合競技場)【写真:Shaun Botteril / Getty Images】
10月13日 1次リーグ・日本―スコットランド(横浜国際総合競技場)【写真:Shaun Botteril / Getty Images】

○10月13日 1次リーグ・日本―スコットランド(横浜国際総合競技場、撮影=ショーン・ボテリル)

「日本チームが健闘しているおかげで、大会だけでなく、日本の国民にとっても勇気づけられる状況となった。撮影をしていたカメラマン自身も、感動と興奮が入り混じる異様な会場の盛り上がりに、圧倒された。まったく注目されていなかったラグビー日本代表が、ここまで日本中の注目を浴び、感動を与えることを、誰が予想できただろうか。会場にいて、国を挙げて“勇敢な桜の戦士たち”を応援しているのがわかった瞬間だ。また、歓喜に沸く日本代表の後ろで膝を落とすスコットランド代表選手も、印象的だ」

9月28日 1次リーグ・日本―アイルランド(小笠山総合運動公園エコパスタジアム)【写真:Cameron Spencer / Getty Images】
9月28日 1次リーグ・日本―アイルランド(小笠山総合運動公園エコパスタジアム)【写真:Cameron Spencer / Getty Images】

○9月28日 1次リーグ・日本―アイルランド(小笠山総合運動公園エコパスタジアム、撮影=キャメロン・スペンサー)

「日本代表はアイルランドを破り、前回のW杯で南アフリカを撃破した際の衝撃を世界中に与えた。ノーサイドの笛が鳴った瞬間、日本代表の選手たちは大騒ぎになった。日本代表が勝つとは誰も予想していなかったが、セットプレーやボールの扱いはアイルランドを完全に上回っていた。試合が終わった瞬間、レメキ選手の脇でアイルランドの選手が倒れ込み、落胆を隠せない様子は、アイルランド代表だけでなく、アイルランド国民全体を表す姿のように思えた」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集