[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】“いじられシブコ”をパシャリ 年間表彰式で渋野日向子のほっぺをツンツンしたのは…

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は昨年12月、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の年間表彰式での渋野日向子(サントリー)にスポットライトを当てる。最多の4冠を達成した渋野が、参加した他の選手から頬を指されていじられる、微笑ましいシーンが注目された。

ほっぺをツンツンされる渋野日向子【写真:小倉元司】
ほっぺをツンツンされる渋野日向子【写真:小倉元司】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―原、成田らにいじられる渋野に注目

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は昨年12月、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の年間表彰式での渋野日向子(サントリー)にスポットライトを当てる。最多の4冠を達成した渋野が、参加した他の選手から頬を指されていじられる、微笑ましいシーンが注目された。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 今や国民的ヒロインとなった21歳だが、選手からも愛されている様子を捉えた。そんなシーンを象徴させる一幕は、出席者が登壇した記念撮影の場面だった。最前列の渋野の頬をめがけ、背後から伸びる人差し指が2本……。

 正体は原英莉花(日本通運)と成田美寿々(オンワードHD)だった。原は同じ「黄金世代」の1人で、成田は一緒に宝塚観劇に出かける仲のいい先輩。そんな2人から晴れの舞台でいじられる、なんとも微笑ましいシーンだった。

 表彰式では、年間最優秀選手賞やベストコメント部門など最多の4冠を達成。その度に檀上に上がり、表彰された。式後は「1回で全部渡してほしい。一回一回上がるのすっごい恥ずかしい。『すいません、すいません……』みたいな感じ」と恐縮しきりで笑顔を見せていた。

 そんな飾らない姿が、誰からも愛される理由になっているのだろう。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集