[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

昏睡状態25日から「回復の兆し」 55歳父がコロナ感染、海外女子選手が病状を告白

新型コロナウイルスの世界中で深刻化している中、海外の女子アスリートの父親が感染から5週間の闘病の末に回復の兆しを見せているという。アイルランド紙「インディペンデント」が報じている。

ゲーリックフットボールの女子選手、フィドナ・タングリー(写真は本人のインスタグラムより)
ゲーリックフットボールの女子選手、フィドナ・タングリー(写真は本人のインスタグラムより)

アイルランド女子選手の55歳父が感染、壮絶闘病の末わずかに回復

 新型コロナウイルスの世界中で深刻化している中、海外の女子アスリートの父親が感染から5週間の闘病の末に回復の兆しを見せているという。アイルランド紙「インディペンデント」が報じている。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 父親が新型コロナに感染したのはアイルランドの人気スポーツ、ゲーリックフットボールの女子選手、フィドナ・タングリーだった。同紙は「『まだ彼は昏睡状態です』 女子フットボール選手が父親の新型コロナウイルスとの闘病を明かす」の見出しで記事を掲載。さらにこう記されている。

「女子フットボール選手のフィドナ・タングリーと彼女の家族は恐ろしい1か月を過ごした。しかし、彼女の父親のジーンが昏睡状態になってから25日後、峠を越えた」

 55歳の父・ジーンさんは現在も集中治療室で闘病しており、記事では「その間家族にはたくさんの悪いニュースが届けられていた。家族は父親の状態が悪化している間、面会することができなかったのである」と説明。同国のリムリック大スポーツ健康学科2年で19歳のタングリーの言葉をこう紹介している。

「ここ数日間、父はわずかな回復を見せています。父はまだ人工呼吸器を装着して、昏睡状態です。その状態になってから25日が経ちましたが、ここにきて毎日少しずつ回復を見せているのです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集