[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥でも… リング誌が“夢対決企画”、編集長が「KO負け」を予想した伝説王者は?

ボクシングのWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦が新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥。米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で3位に選出されるなど現役最強の一角と認められているが、同誌のダグラス・フィッシャー編集長は無敗のモンスターをもってしても「KO負け」と予想する伝説の王者がいた。一体誰なのか……。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

リング誌の恒例企画、井上―ゴメスのハードパンチャー対決が実現したら…?

 ボクシングのWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦が新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥。米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で3位に選出されるなど現役最強の一角と認められているが、同誌のダグラス・フィッシャー編集長は無敗のモンスターをもってしても「KO負け」と予想する伝説の王者がいた。一体誰なのか……。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 リング誌恒例の読者との質疑応答企画でフィッシャー編集長がフォーカスしたのは「夢のマッチアップ7試合」についてだった。すでに現役引退したレジェンドも登場する中、「Naoya Inoue」の名前も上がった。対戦相手に登場したのはウィルフレド・ゴメスだ。

 ゴメスは「バズーカ」の異名で知られたプエルトリコのハードパンチャー。1989年に現役引退するまで、数々の偉業を成し遂げた名王者だ。

 史上最高のハードパンチャーの1人として知られ、にスーパーバンタム級では17連続防衛という世界最多記録(ゲンナジー・ゴロフキンとタイ)を樹立。フェザー級、スーパーフェザー級でもチャンピオンベルトを巻き、3階級制覇を成し遂げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集