[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】浅田真央の軌跡、「涙、そして笑顔」あの感動をもう一度…五輪公式が回顧

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回はフィギュアスケートの浅田真央さん。五輪公式ツイッターが「Tears and a smile(涙と笑顔)」と題し、同種目のバンクーバー五輪銀メダリストの特集動画を2018年平昌五輪前に公開すると、大きな反響を呼んでいた。

フィギュアスケートの浅田真央さん【写真:Getty Images】
フィギュアスケートの浅田真央さん【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―五輪で輝く浅田真央の「涙と笑顔」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回はフィギュアスケートの浅田真央さん。五輪公式ツイッターが「Tears and a smile(涙と笑顔)」と題し、同種目のバンクーバー五輪銀メダリストの特集動画を2018年平昌五輪前に公開すると、大きな反響を呼んでいた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 あの感動がよみがえり、そして涙を誘われる――。2014年ソチ五輪の転倒シーンからのスタート。そして銀メダルを獲得した2010年のバンクーバー五輪へとフラッシュバックし、4年後のソチ五輪で見せたドラマチックな“出来事”が紹介されている。

 ショートプログラム(SP)の16位から、フリーではトリプルアクセルなど全6種類の3回転ジャンプを着氷させ、自己ベストの142・71点をマーク。6位まで巻き返し、2大会連続の入賞をなし遂げたソチ五輪名シーンの一つだ。

 約1分間の動画は字幕つき。「2010年のバンクーバー五輪で銀メダリストとなった後、マオ・アサダは彼女の持つ全てのエネルギーを2014年のソチ五輪に注ぎ込んだ。4年間の過酷な猛特訓。不運なことに、本番のSPでミスを犯してしまい、彼女は失意の16位となった」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集