[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクレガー、7年前の残酷KOが蘇る 止まらぬ“追撃の10連発”に再熱狂「機械みたい」

新型コロナウイルスの感染拡大により、格闘技界もイベントの中止が相次いでいる。そんな中、米スポーツ専門局「ESPN」のMMA公式インスタグラムは、総合格闘家コナー・マクレガー(アイルランド)がUFC初戦でTKO勝ちした7年前の動画を公開。マーカス・ブリメージ(米国)戦で左アッパーを炸裂させ、ヒットした後にも追撃のパンチ10発を加えるなどした戦慄を走らせたデビュー戦には「伝説」「最高のフィニッシュ」など海外ファンから反響が寄せられている。

コナー・マクレガー【写真:Getty Images】
コナー・マクレガー【写真:Getty Images】

7年前のUFCデビュー戦でTKO勝ちしたシーンを米メディア公開

 新型コロナウイルスの感染拡大により、格闘技界もイベントの中止が相次いでいる。そんな中、米スポーツ専門局「ESPN」のMMA公式インスタグラムは、総合格闘家コナー・マクレガー(アイルランド)がUFC初戦でTKO勝ちした7年前の動画を公開。マーカス・ブリメージ(米国)戦で左アッパーを炸裂させ、ヒットした後にも追撃のパンチ10発を加えるなどした戦慄を走らせたデビュー戦には「伝説」「最高のフィニッシュ」など海外ファンから反響が寄せられている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 圧巻のデビュー戦だった。米総合格闘技団体UFC初戦のリングに、母国の国旗を背負って上がったマクレガー。衝撃シーンは動画2つ目だ。左アッパーで相手が少しよろけたところに、続けて左アッパーをヒットさせた。明らかによろめきだしたブリメージ。しかし、マクレガーは止まらない。腰砕けに倒れこんだ相手に対し、背中から覆いかぶさるように右、左、右、左と容赦なく頭上からパンチを浴びせた。

 たまらずレフェリーがストップ。呆然とうなだれる敗者とは対照的に、雄たけびを上げて喜びを爆発させた。総合格闘技ファンを震撼させた一戦に「ESPN」のMMA公式インスタグラムが再注目。当時の動画を公開し「7年前の今日、コナー・マクレガーが忘れられないUFCデビューとともに自身が表舞台に現れたことを宣言した」と、衝撃KOの凄まじさを表現した。ファンからは様々な反響が寄せられている。

「自分にとってお気に入りのマクレガーの試合の一つだ」
「このコナーが黄金のコナーだ。機械のように効率的」
「自信に満ち溢れているように見えるね!」
「7年前のように、今も勝利に飢えているだろう」
「最高のフィニッシュ」
「マクレガー以上にUFCの試合を大きく変える人間はこの先現れないだろう」
「コロナをやっつけられるのはマクレガーだけ」
「伝説。ダブリンの王様」

 UFCのスターまで上り詰めたマクレガーの初戦のインパクトは、今も海外ファンの記憶に残り続けているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集