[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田真凜、「守り」捨てて“シニアの壁”打破へ「自分でもハラハラしたい」

女子フィギュアスケートの本田真凜(関大高)が“シニアの壁”打破を誓った。

ジャパンOP5位から一夜、負けて知った「自分らしさ」とは? 「自分には守る必要がない」

 女子フィギュアスケートの本田真凜(関大高)が“シニアの壁”打破を誓った。8日、初出場となるグランプリ(GP)シリーズに向けた記者会見に都内で出席。前日(7日)に行われたジャパンオープンで5位に終わったことを振り返り、「自分に守る必要はないと感じた。自分でもハラハラして演技できる構成にしたい」と、さらにハイレベルな演技に挑戦することを明かした。

 16歳を「久しぶりに味わった気持ち」が変える。本田はシニア2戦目となったジャパンオープンで133.41点で女子6人中5位。トップの世界女王メドベージェワ(ロシア)とは実に18点以上の差をつけられた。

「自分に欠けていることを学べた。久しぶりに悔しさを味わったけど、それは自分の中で大切な気持ち。しっかりと自分の中で(心に)留めておきたいなと思いました」

 ジュニアでは世界選手権で優勝するなど、トップに君臨していた天才少女。シニア初戦のUSインターナショナルでは圧巻のVデビューを飾ったが、一転、初の国内戦はホロ苦いものとなった。しかし、ただで転ぶつもりはない。

「悔しさ」の中から、しっかりと「足りないもの」を見つけたという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集