[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ危機で強行開催 UFC代表をボブ・アラムが痛烈批判「人が死んでいる時に…」

新型コロナウイルスの影響で世界的にスポーツイベントの開催が困難となっている中、米国最大の総合格闘技「UFC」は4月18日に無観客で試合を開催する予定としている。注目カードは、世界ライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)とトニー・ファーガソン(米国)のビッグマッチ。強行開催について、ボクシングの米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは「人が死んでいる時に馬鹿げたこと」と痛烈な批判をしている。米メディアが報じてる。

トップランク社のボブ・アラムCEO【写真:Getty Images】
トップランク社のボブ・アラムCEO【写真:Getty Images】

世界的大物プロモーター・米興行大手のボブ・アラムCEO、UFC代表ホワイト氏に苦言

 新型コロナウイルスの影響で世界的にスポーツイベントの開催が困難となっている中、米国最大の総合格闘技「UFC」は4月18日に無観客で試合を開催する予定としている。注目カードは、世界ライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)とトニー・ファーガソン(米国)のビッグマッチ。強行開催について、ボクシングの米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは「人が死んでいる時に馬鹿げたこと」と痛烈な批判をしている。米メディアが報じてる。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 アラム氏のコメントを報じたのは、米専門メディア「ボクシングシーン.com」だった。「アラム氏『UFC249を開催すると主張しているダナ・ホワイトは馬鹿げている』の見出しで記事を掲載。「ボブ・アラム氏は今の人々にとって、ボクシングのスケジュールよりも大事なことがあることを理解している」と続けている。

 当初、UFCはニューヨークのバークレイズ・センターで開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で会場を変更。新会場は明らかになっていないが、記事によると、UFC代表のダナ・ホワイト氏は「無観客試合としてUFC249の開催を求めている」という。さらに問題として「ヌルマゴメドフがロシアから出国できず、ダナ・ホワイト氏が代役を探していると報道があった」としている。

 この状況に言葉を発したのが、アラム氏だった。半世紀以上ボクシング興行を手掛けてきた大物プロモーター。同メディアの取材に対し、ホワイト氏への批判的なコメントを発している。

「彼のやろうとしていることが理解できない。人々がどんどん死んでいる状況で、なぜ開催しようとしているんだ。ダナ・ホワイトはイベントをやるべきだという考えを持っている。なぜだ? 何を考えているんだ?」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集