[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

タイソンのカウンター炸裂 蘇る22年前の“衝撃KO”「伝説の動画」「好みのKO」

ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)。圧倒的な強さで世界中のファンを沸かせた男に、米メディアが再注目している。22年前、世界最大のプロレス団体WWEが主催した「レッスルマニア14」で、WWF王座戦をスペシャルレフェリーとして裁いたタイソンは、敗れて納得のいかないショーン・マイケルズ(米国)に対して強烈なカウンターをお見舞い。一撃でマットに沈めた動画が公開されると、「伝説の動画」「自分好みのKO」とファンから多数のコメントが寄せられた。

マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】
マイク・タイソン氏【写真:Getty Images】

22年前の「レッスルマニア14」で魅せた衝撃カウンターが話題に

 ボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)。圧倒的な強さで世界中のファンを沸かせた男に、米メディアが再注目している。22年前、世界最大のプロレス団体WWEが主催した「レッスルマニア14」で、WWF王座戦をスペシャルレフェリーとして裁いたタイソンは、敗れて納得のいかないショーン・マイケルズ(米国)に対して強烈なカウンターをお見舞い。一撃でマットに沈めた動画が公開されると、「伝説の動画」「自分好みのKO」とファンから多数のコメントが寄せられた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 まさかのカウンターが炸裂した。レフェリーとして、高速カウントでストーン・コールド・スティーブ・オースチンの勝利をアシストしたタイソン。裏切られたマイケルズは納得がいかない。タイソンに詰め寄って胸を小突き、顔面にも一発。すると次の瞬間、タイソンの強烈な右がカウンターで入った。ボクシング界を震撼させた重たいパンチに、マイケルズは大の字でマットに倒れむ。全く動かなくなった敗者を横目に、タイソンはオースチンの手を掲げて喜んだ。

 米放送局「ESPN」は、公式インスタグラムに当時の映像を公開。「22年前、レッスルマニア14でマイク・タイソンがショーン・マイケルズをノックアウト」とつづられた投稿には、当時を懐かしむファンからのコメントが相次いだ。

「伝説の動画」
「今日のインターネットはこれで持ち切りだね」
「自分好みのKO」
「22年前なのに昨日のことのように感じる」
「最も茶番なKOだけど、これを見た時は子供だったから本当のことだと思った」
「タイソンが本気で殴るのを想像してみなよ、ショーンは死ぬよ」
「ショーンが息をしているのが分かるよね」

 試合があった1998年3月29日から22年。タイソンのパンチは、今も多くのボクシングファンの心に残っているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集