[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

甦る“5秒失神KO”の衝撃 UFC史上最速KO男と米20歳新鋭の“ジョークの応酬”が話題

米国の総合格闘技UFCで生まれた史上最短5秒での失神KO劇。昨年7月に米国人ファイター、ホルヘ・マスビダルが記録したものだが、当時の映像が再び注目を集めている。一体なぜか。そこにはマスビダルと、20歳の新鋭ファイターとの間のある“因縁”があった。

ホルヘ・マスビダル【写真:Getty Images】
ホルヘ・マスビダル【写真:Getty Images】

失神KOで破った相手と激似の相手との間に“因縁”が発生

 米国の総合格闘技UFCで生まれた史上最短5秒での失神KO劇。昨年7月に米国人ファイター、ホルヘ・マスビダルが記録したものだが、当時の映像が再び注目を集めている。一体なぜか。そこにはマスビダルと、20歳の新鋭ファイターとの間のある“因縁”があった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 瞬きをする間もなく、勝敗は決した。昨年7月6日のUFC239での出来事だ。ベン・アスクレン(米国)と対峙したマスビダルはゴングが鳴ると同時に、一直線に相手に向かって走り、飛び膝蹴りを食らわせた。とがった膝を顔面にまともに食らったアスクレンは、一撃で失神。仰向けになったまま硬直。マスビダルは追撃を食らわせようとしたが、レフェリーがすぐに試合を止めた。

 わずか5秒。UFC史上最短のKO劇は当時大きな話題を呼んだ。だが、この試合には後日談があった。今年1月にUFC246のメディア・デーでインタビュアーを務めたのは、20歳で無敗の新鋭チェイス・フーパー(米国)。ここでフーパーはマスビダルに対して、「何で俺の親父にあんなことしたんだ?」と問いかけたのだ。

 フーパーと、アスクレンには血縁関係はないが、容姿が激似であることがかねてから話題となっていた。それに便乗したフーパーのジョークだった。

 だがマスビダルはこれに対して「すまなかった。そういうつもりじゃなかった。でも、本当に君の父親か?」と困惑した様子だったという。フーパーの渾身のギャグがやや不発に終わったが、当時の現地での報道ではこの2人のやり取りが大いに注目を集めていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集