[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジーターら全売却!? 129勝右腕の変わった“コロナ支援”に米称賛「良いアイデアだ」

新型コロナウイルス感染拡大により、各界のスポーツ選手が医療関係団体などに支援を表明しているが、米大リーグ通算129勝の元投手は、ある変わった形で寄付することを表明。ツイッターに画像付きで手法を明かすと、米メディアも特集し、ファンの間では「超優しい」「良いアイデアだ」など称賛の的になっている。

米大リーグ通算129勝をあげたダン・ヘイレン氏【写真:Getty Images】
米大リーグ通算129勝をあげたダン・ヘイレン氏【写真:Getty Images】

オールスター3度出場のヘイレン氏が慈善団体寄付を表明、その方法は…

 新型コロナウイルス感染拡大により、各界のスポーツ選手が医療関係団体などに支援を表明しているが、米大リーグ通算129勝の元投手は、ある変わった形で寄付することを表明。ツイッターに画像付きで手法を明かすと、米メディアも特集し、ファンの間では「超優しい」「良いアイデアだ」など称賛の的になっている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 変わったスタイルで寄付を表明したのは、アスレチックスなど8球団を渡り歩き、通算129勝を挙げた元オールスター投手、ダン・ヘイレン氏だ。発端となったのは、自身のツイッターで公開した1枚の画像だった。自宅とみられる床に無数の人形が置かれている。よく見るとメジャー各球団の帽子を被ったボブルヘッド人形。定期的にファンにプレゼントされる首振り人形だ。

 投稿では「300体全てを一掃する」とひと言。いったい、これをどうしようというのか。別のツイートでは「できる限りで助けを必要としている人たちを救おう。私は全てのボブルヘッド人形を売却し、そのお金をチャリティー団体に寄付する」と表明。なんと自分がこれまでコレクションしてきた人形を売り、その売上金で慈善団体を支援しようというのだ。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「元オールスター投手のダン・ヘイレン氏が、所有するボブルヘッド人形をオークションで売却し、新型コロナウイルスの慈善団体への寄付を行う」と見出しを打って特集。「元MLB投手であるダン・ヘイレン氏が自分のできるやり方で、新型コロナウイルスの感染拡大に対して援助を行っている」と報じた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集