[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、延期の次戦は6月開催か カシメロ陣営が示唆「練習の予定を再編成した」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による延期が決まった。コロナ禍に終息の気配は見えず、現時点で開催時期は未定だが、カシメロのプロモーター、ショーン・ギボンズ氏は6月に行われる可能性を示唆している。フィリピン地元紙「フィリピンスター」が報じている。

井上尚弥【写真【写真:AP】
井上尚弥【写真【写真:AP】

ラスベガスに残って調整を続けるカシメロ、外出は買い物だけ

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による延期が決まった。コロナ禍に終息の気配は見えず、現時点で開催時期は未定だが、カシメロのプロモーター、ショーン・ギボンズ氏は6月に行われる可能性を示唆している。フィリピン地元紙「フィリピンスター」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上とカシメロの3団体統一戦は延期が決定したが、ラスベガスでトレーニングを続けているWBO王者。近況を伝えている同紙によると、プロモーターのギボンズ氏は6月開催の可能性を口にしているという。

 記事によると、ギボンズ氏は、延期は60日間ほどだと示唆。その上で「我々はカシメロのトレーニングスケジュールを再編成した。従って、彼は燃え尽きていない。全てが通常に戻った時には、カシメロはスムーズにハードなトレーニングに移行できる。私たちはカシメロがイノウエと戦う時にピークを持っていくことが出来ると確信している」と自信を覗かせているという。

 母国には戻らず、現在もラスベガスの賃貸住宅で井上戦に備え続けているカシメロ。新型コロナウイルスの影響で世界有数の観光地のホテル、カジノなどは次々と休業に入っている。そんな状況でカシメロは「唯一4マイル(約6.4キロ)離れたフィリピン系の店に買い物に行くときだけ、外出している。そしてミットとシャドーを15か16ラウンドすることを毎日続けている」という。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集