[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「殺人級の左拳」の米21歳有望株 “高速ボディー50連発”に米絶賛「この子は野獣だ」

ボクシングのトッププロスペクト(若手有望株)、20勝(17KO)の21歳ライアン・ガルシア(米国)が虎視眈々とトレーニングに励んでいる。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」がツイッターにサンドバッグを打つ様子の動画を公開。23秒間で約50連発の“高速ボディー”に「殺人級の左拳」「相当速い」「この子は野獣だ。じっくり育ててください」と反響が集まっている。

ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】
ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】

若手有望株ライアン・ガルシアが高速ボディーを披露、ファン「この少年は本物だ」

 ボクシングのトッププロスペクト(若手有望株)、20勝(17KO)の21歳ライアン・ガルシア(米国)が虎視眈々とトレーニングに励んでいる。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」がツイッターにサンドバッグを打つ様子の動画を公開。23秒間で約50連発の“高速ボディー”に「殺人級の左拳」「相当速い」「この子は野獣だ。じっくり育ててください」と反響が集まっている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 数えるのが大変だ。吊るされたサンドバッグの前に立つガルシア。緑と黒のグラブを装着し、戦闘態勢に入った。左、右、左。さらに左、左、左と高速ボディーの連打にフックを織り交ぜている。揺れるサンドバッグを止めてさらに猛ラッシュ。気合の入った声を上げながら、右、左と交互に強烈な拳をぶつけた。

 全身のバネを駆使しながら、しなやかに繰り出す左ボディー。えぐられたら相手はひとたまりもないだろう。ブリーチャーレポートはツイッターに動画付きで「このスピード」と投稿。海外ファンから称賛の声が相次いでいる。

「この少年は相当速い……」
「シュガー・レイ・レナード以来のスピードでは?」
「なんてパワーだ」
「この子は野獣だ。じっくり育ててください」
「彼は『This』とパンチする時に言っているの?」
「殺人級の左拳」
「彼には筋肉が詰まっているね」
「この少年は本物だ」
「カネロと戦うところが見たい」

 2月14日(日本時間15日)には、WBCライト級シルバータイトルマッチでフランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)にわずか80秒で衝撃の失神TKO勝ちを収めた。海外ファンが大きな期待を寄せる21歳。世界王座へ駆け上がる日は近いかもしれない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集