[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝説キックが再脚光 元ウェールズ代表の65m強烈PGに海外「なんてキックだ」

34年前、ラグビーの5か国対抗戦(ファイブ・ネイションズ)で生まれた伝説のキックが、海外で再脚光を浴びている。元ウェールズ代表FBポール・ソーバーン氏は、1986年のスコットランド戦で65mの超ロングPGを成功。当時の動画がツイッター上にアップされると「何てキックなんだ!」「覚えているよ!」と海外から称賛の声が集まった。

現役時代の元ウェールズ代表FBポール・ソーバーン氏【写真:Getty Images】
現役時代の元ウェールズ代表FBポール・ソーバーン氏【写真:Getty Images】

元ウェールズ代表のソーバーン氏が34年前に決めたPGに注目集まる

 34年前、ラグビーの5か国対抗戦(ファイブ・ネイションズ)で生まれた伝説のキックが、海外で再脚光を浴びている。元ウェールズ代表FBポール・ソーバーン氏は、1986年のスコットランド戦で65mの超ロングPGを成功。当時の動画がツイッター上にアップされると「何てキックなんだ!」「覚えているよ!」と海外から称賛の声が集まった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 とんでもない飛距離だった。ゴールポストまで65mの長距離だったが、なんとPGを狙ったソーバーン氏。勢いよく右足を振りぬくとボールはすごい勢いで一直線。正確に届けられ、見事に成功した。キック成功で会場は大歓声。実況も「アメージング!」と驚き、蹴った本人も両手を突き上げ、飛び跳ねて喜んだ。

 ウェールズ代表では主将を務めたソーバーン氏。超人的な飛距離を誇ったロングキッカーの伝説のキック動画を、ウェールズラグビー協会は公式ツイッターで公開。「1986年にポール・ソーバーンが世界最長キックを記録した際、ボールには何が起きていたか? ソーバーン氏に聞いてみましょう」とつづって投稿した。

 これには「現役の選手たちにこのキックに挑戦してもらいたいね」「なんてキックなんだ!」「会場にいたから、このキックは覚えているよ!」「この試合は見ていたから、ある授賞式で幸運にもポールにあった時、彼にキックが素晴らしかったと言ったことがあるよ」「楽しませてもらったよ!!」「見事だ」など、ファンからの称賛の声が並んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集