[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

22歳一山麻緒が五輪3枠目内定 笑顔の新ヒロイン出現「今日みたいな日が来るのが夢だった」

残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。トラックを含め5度目の五輪出場を目指した福士加代子(ワコール)は代表切符を逃した。

東京五輪に内定した一山麻緒【写真:石渡史暁】
東京五輪に内定した一山麻緒【写真:石渡史暁】

2013年木崎以来の日本人優勝、五輪代表3枠最後の切符を掴む

 残り1枠の東京五輪代表切符を争う名古屋ウィメンズマラソンが8日、ナゴヤドーム発着の42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間20分29秒で初優勝。1月の大阪国際で松田瑞生(ダイハツ)が記録した2時間21分47秒を上回り、東京五輪女子マラソン最後の代表に内定した。2013年の木崎良子(ダイハツ)以来、7年ぶりとなる日本人優勝。タイムは日本人歴代4位。2003年の大阪国際で野口みずき(グローバリー)が記録した2時間21分18秒を上回り、同国内最高記録となった。トラックを含め5度目の五輪出場を目指した福士加代子(ワコール)は代表切符を逃した。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 ゴールの瞬間は涙で迎えた。気温9.1度、湿度88%、北の風0.2メートル。雨と寒さという悪コンディションながら、30キロに飛び出すと、そのまま独走。日本人7年ぶりとなる優勝で、松田の記録を大きく上回った。タイムも日本人歴代4位、日本人国内記録というおまけまでついてきた。フィニッシュテープを切ると、監督と抱き合い、嬉し涙を流した。

 場内インタビューに立つと、笑顔がいっぱい。心境を問われると「えー、もう……今日みたいな日が来るのが夢だった。夢みたいです」と笑みをこぼした。悪条件となったが「でも、こういう日だからこそ五輪決めたらすごいかっこいいなと思って走った」と胸を張った。

 記録については「今回は(松田の)21分47秒を切るためにやってきたので、記録までついてきてくれてうれしいです」と満面の笑み。「これまで30キロ以降に1人でいけるような練習をしっかりこなすことできたのでイメージ通りの走りできました。30キロからが本当の勝負。本当にその通りができたのでうれしいです」と振り返った。

 東京五輪を内定させ、8月に期待が膨らむ。「世界と戦うにはまだまだ記録が劣っている。五輪に向けてはもう1段階、質の高い練習をして、日本代表としてかっこいい走りをしたい」と前を向いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集