[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

首位・鍵山優真に海外称賛続々 米記者は16歳の才能期待「22年五輪メダル候補になる」

フィギュアスケートの世界ジュニア(エストニア・タリン)は4日、男子ショートプログラム(SP)で1月の冬季ユース五輪金メダルの鍵山優真(星槎国際高横浜高)が85.82点で首位発進した。

世界ジュニア男子SPで首位発進した鍵山優真【写真:Getty Images】
世界ジュニア男子SPで首位発進した鍵山優真【写真:Getty Images】

世界ジュニアで華麗に連続3回転成功、米熟練記者「素晴らしいSP。物凄いスピード」

 フィギュアスケートの世界ジュニア(エストニア・タリン)は4日、男子ショートプログラム(SP)で1月の冬季ユース五輪金メダルの鍵山優真(星槎国際高横浜高)が85.82点で首位発進した。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 鍵山は冒頭の3回転ループを決め、2本目の3回転アクセルも成功。華麗に着氷すると、後半の3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプも決め、技術点46.93点、演技構成点38.89点でSPを終えた。

 IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「カギヤマ・ユウマが見事なショートプログラムを披露し、世界ジュニアで首位に立つ」の見出しで記事を掲載。「2020年ユース五輪王者が、長年のライバルである2位のアンドレイ・モザレフと3位のアンドリュー・トルガシェフからリードを奪う」と報じている。さらにこう続けている。

「4回転ジャンプが認められていないショートプログラムにおいて、カギヤマはユース五輪の時よりも13点も高い85.82を記録。アンドレイ・モザレフを僅差で上回りリードを得た」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集