[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活ロマゴンの次戦 米記者が井岡一翔よりも「最も魅力的」と待望する選手とは?

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりにベルトを手にしたゴンサレス。次戦はWBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)ら、統一戦に打って出る構えだというが、米記者は「最も魅力的なファイト」としてWBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の名前を挙げている。

ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】
ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】

完勝で復活アピールのロマゴン、注目の次戦をESPN記者2人が展望

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は29日(日本時間1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。3年ぶりにベルトを手にしたゴンサレス。次戦はWBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)ら、統一戦に打って出る構えだというが、米記者は「最も魅力的なファイト」としてWBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の名前を挙げている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 完全復活したロマゴンの強打。序盤から積極的に仕掛け、豊富な手数で優位に展開。そして、8回終了間際にこの日初めてのダウンを奪うと、9回開始直後には鮮やかな右ストレートを炸裂させた。ここでレフェリーが試合ストップ。ド派手なTKO勝ちで3年ぶりの世界タイトルを手にしてみせた。

 再びトップ戦線に返り咲いたロマゴン。注目の次戦について、米スポーツ専門局「ESPN」の記者陣が展望している。

「ローマン・ゴンサレスは再び脅威となれるか。次戦は?」と小見出しのつけられた特集では、ESPNのダン・ラファエル記者、スティーブ・キム記者はこう話している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集