[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上康生「恥ずかしい姿を…」 522文字の長文投稿で男泣き反省「我慢すべきだった」

柔道の男子日本代表、井上康生監督がインスタグラムを更新。先月27日の代表選手発表会見では落選した選手の名前を読み上げながら、途中で何度も言葉を詰まらせるなど男泣き。異例の姿が話題となっていたが、これに関して言及。「あの場で涙することは監督として我慢すべきことだったと反省しております」などと522文字に渡って思いをつづっている。

柔道の男子日本代表、井上康生監督【写真:Getty Images】
柔道の男子日本代表、井上康生監督【写真:Getty Images】

先月27日の代表選手発表会見での涙の意味

 柔道の男子日本代表、井上康生監督がインスタグラムを更新。先月27日の代表選手発表会見では落選した選手の名前を読み上げながら、途中で何度も言葉を詰まらせるなど男泣き。異例の姿が話題となっていたが、これに関して言及。「あの場で涙することは監督として我慢すべきことだったと反省しております」などと522文字に渡って思いをつづっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 思わず感極まった。会見の冒頭で代表に選出した選手よりも先に、落選した選手に思いを巡らせた井上監督。途中でこらえきれず、涙ぐむシーンもあった。この件について、SNSを更新し言及している。

「先日の内定選手の発表会見では私の未熟さゆえ、皆様方には大変お恥ずかしい姿をお見せしてしまいました。会見を振り返り、あの場で涙することは監督として我慢すべきことだったと反省しております。

 当然のことですが、代表選考にあたっては私だけが苦しんだということはありません。強化委員長、副委員長、各階級担当コーチ、スタッフ。そして選手の所属の方々やご家族、応援してくださっている皆様。そして何より辛かったのは代表になれなかった選手であったはずです」

 涙を見せたことへの反省と、その涙に至った背景を改めて説明している。さらに続けて監督という立場についても胸の内を明かしている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集