[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズに頼れる新戦力 23歳ロビンソンが殊勲の決勝3P、HCも称賛「ビッグプレー」

アシストを記録したビールも信頼「試合のすべての面で彼の助けが必要」

 ジョン・ウォールが長期離脱中の今、クラッチタイムに相手デイフェンスがビールに集中するのは避けられない。それでもなお、今までは重要な場面でビールがシュートを放つことが多かった。しかし24日(日本時間25日)のバックス戦では、第4Q最後のシュートを放ったのはビールからのパスを受けた八村だったし、オーバータイムで最後のシュートを放ったのはトロイ・ブラウンJr.だった。この試合でもビールは自ら仕掛けるのではなく、若いチームメイトを信頼する選択をし、それが勝利のカギとなった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 試合後に、ロビンソンへパスしたときの心境について聞かれたビールは、「とても信じていたと言いたい。みんなで彼にずっと言い聞かせていたんだ。僕らが彼を理由もなくここへ連れてくることはない。試合のすべての面で彼の助けが必要。彼は良いディフェンダーでもあり、それと同時に優れたオフェンシブプレーヤーでもある。でもここにいるみんなを信じているよ。コーチがコートに立たせたのなら、それは理由があってのことだ。自分はワイドオープンのチームメイトを常に信じる」と、チームをけん引するリーダーとしての自覚をにじませた。

 八村もロビンソンの試合を決定づけた3Pについて「コーチが彼に躊躇するなと話していたのを覚えている。オープンなら打てってね。彼が良いシューターであることはみんな知っている。最後のプレーで彼はためらわなかった。だから決められたんだと思う」と自信をもって打ったことに賛辞を送っていた。

 ロビンソン本人は、シュートの場面について「かなり良い状態だった。あの時ワイドオープンだったから決めなければいけないかった。ブラッドリー・ビールに対して厳しいディフェンスをしてくることは分かっていた。ビールにボールを戻すことは難しかった。自信をもって、なるようになると身を任せたのさ」と説明。腹をくくったシュートだったことを明かした。

 若い選手が台頭してきたウィザーズは、次戦から始まる西海岸へのロード4連戦でどのような戦いを見せるだろうか。クラッチタイムにも注目だ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集